FC2ブログ

在宅での看取り

在宅で看取られたご家族からお電話がありました(*^^*)
訪問看護開始から約一週間のおつきあでした。お逢いした時は、在宅で最期の時を迎えるのか、病院で迎えるのかわからない状態で。
病院の先生は①在宅②病院③ホスピスどうしますか?と言われて。①在宅は不安が大きいし無理かな?③ホスピスはどんなところかわからない②病院はどんなタイミングで病院に行けば良いのか?悩んでおられました。
余命一ヶ月と診断は受けておられましたがまだまだまだ先のことだと家族も思われていたと。
そんな時に在宅医の往診と訪問看護が始まりとても安心できたと話してくださいました。
もし今後在宅か病院か悩んでおられる方が周りにいたら「在宅でも看取れるんだよ」と伝えて行きたいと。
一週間という短い時間の中で私ができたことは充分だったのか、家族の想いはどうだったのか振り返っていたところでした。何より嬉しいお言葉でした。
在宅での看取りが自然な選択肢の一つになることが私の願いです(*^^*)
今回も多くのことを学ばさせていただきました。
この学びをまた繋げて行きたいとおもいます。
スポンサーサイト



やっぱり年齢には勝てない⁉️

今日は朝から雨…
月末でもあり朝からバタバタ
訪問の約束の時間も迫っていて軽やかに走るつもりが
足が上がっていなかったのかすってんころりんと滑って転んでしまいました
とっさのことで手をついたのですが体重が支えきれず顔からこけてしまいました。こけたのなんて何年ぶりだろう
目の下とおでこ、肘、膝に擦り傷
こけた時は時間がなく顔の傷にファンデーションを塗りこみなんとか目立ないように、何もなったかのように訪問、退院前カンファレンスをこなしました。
事務所に帰ってスタッフに告白
「今はやりですか?」と
そう言えば最近周囲で私と同じように顔に傷を作っている方が数人
家に帰り長男に傷を見せると「思っているほど若くはないでー」と。やっぱり歳のせい?
家に帰ると急に顔の傷がヒリヒリ、首、肩、うで、足が痛い打撲?
やはり歳を認めないといけないのでしょうか?
まだまだ若いと思っているのに!それとやっぱり太りすぎ?手で体重が支えられなかったんですね。
なんだかとっても悲しい1日でした

在宅緩和ケア勉強会

訪問看護ステーション架け橋さんと絆の合同勉強会でした
二ヶ月に一回定期的に行っています。
今日は、有志のケアマネ1名、薬剤師1名、訪問看護師2名の参加者があり12名でした(*^^*)
今回は事例検討。絆からの事例のテーマは十分な病状把握が出来ず症状緩和が出来なかった事例を通して~短期間のかかわりの中で看護師にできたことを振り返る~
訪問看護開始一週間で看取り終了になったケース。最近短期間のケースも増えてきています。短期間でいかに病状把握するか。有効な情報をいかに集めるか。退院前カンファレンスが行われずに退院調整が十分ではなく退院されるケースも少なくない現状です。
ケースを通して学ばせて頂いたことは沢山あります。この学びを次につなげることが大切だと思っています。
架け橋さんからは「考えて考えて工夫をこらす在宅緩和ケア」いくつかの事例を通して情報提供をしてくださいました。在宅緩和ケアの本質は「考えること」
⚫︎病態を考える⚫︎苦痛を考える⚫︎対策を考える⚫︎患者、家族を考える⚫︎常に考え続け、常に共に歩む (在宅医療テキスト2011.第2版第5刷P128勇美記念財団)
柔軟な考え、発想ができるように
利用者、家族の希望が叶えられるようなかかわり、想いに寄り添えるようにまだまだ学ばなければならないことは山積みです。
今回は他職種の方の参加もありこれからも一緒に学んでいけたらと思います。
参加希望の方は声をかけてください

春がそこまで(*^◯^*)

絆の事務所に一足早く春が来ました(*^^*)

利用者のkさんが撮影された大切な写真を飾らせていただいています。
絆の事務所を入った正面に飾っています。写真を写真で伝えるのは難しく是非絆の事務所に見に来てください。

この写真を眺めながらもうすぐやってくる春に思いを巡らせてます。
桜にはいろんな思い出があります。
皆さんはどうですか?
桜を見るたびにいろんなこといろんな人を思い出します(*^^*)
桜は人の心に自然に残る花。
癒され、優しい気持ちにさせてもらえます…

ただ残念なことに桜の季節は私は花粉に悩まされます
花粉のせいで辛い季節でもあります‼️
今年はどんな思いで桜をながめることができるかな

バレンタインデー*\(^o^)/*

今年もバレンタインデーがやってきました
日頃お世話になってる方、日頃頑張っておられる方…
感謝とその頑張りに私たちの心をいっぱい詰め込んでチョコをプレゼントしています

小さなプレゼントなんですが、お渡しした時に皆さんがとっても素敵な笑顔を見せてくださり
私もスタッフもとても嬉しく暖かい気持ちになり元気と勇気をいただいています。
プロフィール

絆スタッフ

Author:絆スタッフ
訪問看護ステーション絆
ホームページはこちら
http://kizuna-nurse.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
リンク
訪問看護ステーション絆

訪問看護の認定看護師として、ご相談・訪問させていただきます

 

お電話でのお問い合わせ

 

メールでのお問い合わせはこちら