FC2ブログ

訪問看護ステーション管理者研修

2、3日前から金木犀の香りがします秋ですね
今日は朝から青空京都府看護協会研修センターで「訪問看護ステーション管理者研修会」。こんな良い天気は研修日和ではないですよね
この研修は管理者対象で3回シリーズ。今日が第一回目でした。
講師は日本訪問看護財団 あすか山訪問看護ステーションの統括所長平原優美先生で「訪問看護の動向と将来の展望」がテーマ
長時間の研修でしたが大変参考になりました平原先生のまだまだ足元にもおよびませんが自分が進んでいる方向性や目指すものは良かったんだなと再確認することができました。平原先生もナイチンゲールの看護学が基本にあるとのこと。私もナイチンゲールが大好きで、看護の基本はやっぱりナイチンゲールです。「人間の生命は人間の生活のあり方によって、健康にもなり逆に不健康にもなる。“病気は生活が創る“」
訪問看護師の役割のひとつ、自然治癒力、生きる力を引き出しその人らしい日常生活を支援する看護学にもとづく支援がもとめられている。
ケアを導きだすための基本的知識、全身症状の看護アセスメントに必要な解剖生理を知ることで体になにが起こっているのかを利用者、家族に丁寧に説明でき、ケアを提供することが大切だと。
便秘イコール下剤調整では看護ケアではないんですよね。便秘の原因をフィジカルアセスメントする、化学的根拠を言語化しケアを導くことが求められているということですよね。
認定看護師の教育過程で繰り返し教えられたことなんですが、つい経験からケアを導いてしまっていることもあります。
まずはしっかり看護ケアを管理者が率先してやらなければと。
管理者としてのノウハウを平原先生の経験を通して話してくださいました。丁寧な初回訪問の重要性、マンパワーの確保のためにも教育プログラムを作ること、地域を知って地域で活動することなど
私もできることから取り組もうと思います。
平原先生のお話しの後参加した管理者が現状や悩み、課題など出し合いました。
管理者は孤独孤独になると守りに入りマイナス面も。
スタッフとの対話も大切。わかっていても多くの管理者は、目の前の仕事に追われ自分自身に余裕がな状態
私も課題がいっぱいみつかりました。でも孤独と戦かってるのは私だけではないと思うと元気と勇気をもらいました
全国的にも訪問看護ステーションが増えてきています。宇治市も何カ所か新しいステーションができる予定とか。これから看護の質も求められます
選んでいただける訪問看護ステーションを目指さなければ
スポンサーサイト



秋*\(^o^)/*みーつけた!

9月に入って、看護学校の講師や研修会の講師など慌ただしい日々を送っていました休みもひたすらパソコンに向かっていたり…睡眠不足も
私は人の前で話すことほど苦手なことはなくできれば研修会や勉強会の講師などからは逃げたいのですが
そういうわけにもいかず
最近は自分の苦手なことに向き合ってます。
人に伝えることの難しさ、要約することの難しさを痛感してます。

そんなこんなで少しストレスが蓄積
今日は朝からとってもいい天気
忙しい毎日から逃避して自然を感じに出かけました*\(^o^)/*
風がとっても気持ちよく、青空(*^^*)
知らない間に秋です。
彼岸花です!
不思議ですよね、彼岸花は誰に教えてもらうのかちゃんと毎年お彼岸のころ咲きます*\(^o^)/*

柿です!まだ少し青かったけど、色づきはじめていました^_−☆

すすきです!風になびいて綺麗でした。

稲かりが終わってるところがありました

秋をいっぱいみつけましたよ。なんだか心が穏やかに優しい気持ちになれました。自然って元気にしてくれますね*\(^o^)/*自然の力は大きい。
まだまだ忙しい日々は続きますが今日はエネルギーを補給して元気になったので明日からまた頑張れそうです
プロフィール

絆スタッフ

Author:絆スタッフ
訪問看護ステーション絆
ホームページはこちら
http://kizuna-nurse.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
カウンター
リンク
訪問看護ステーション絆

訪問看護の認定看護師として、ご相談・訪問させていただきます

 

お電話でのお問い合わせ

 

メールでのお問い合わせはこちら